お酢はかんたんで便利な調味料

合わせ酢は市販のものを利用しても良いですが、自分でもかんたんに作ることができます。
例えば、和食に合う合わせ酢ならば、お酢とお醤油を好みの分量で合わせるだけなので簡単です。

市販の合わせ酢は他にダシなどの味が入っているので、もしかしたらその味に飽きてしまうかもしれません。
自分で合わせ酢を作れば、味をいろいろと調整できるので、かんたんに作れて、しかも飽きずに利用し続けることができます。

また、味のバリエーションを増やすためにも、いろいろなお酢を利用してみたり、市販の合わせ酢にさらに味を加えてみるのも良いでしょう。

お酢は健康的な食生活を送るためにも必要な調味料です。
お酢の味が苦手な場合は、フルーツ系のお酢を利用してみるのも良い方法です。

ただし、お酢は健康に良いですが、酸味が強すぎると胃腸に影響を与えてしまう場合があります。
気温が高くなってくると、酸味の効いた食べ物が美味しくなります。

自分の体調に合わせて、かんたんで便利なお酢を上手に摂っていくようにしたいものです。

最近食べた”アレ”がおいしいと話題に!

最近行った焼き鳥屋さんで食べたあるものに私のハートは鷲掴みにされました。焼き鳥屋さんでしか食べられないの?貴重な部位?高価なの?と思われているかもしれませんが、家でも簡単にいつでも作ることができるものです。焼き鳥屋さんの付き出しとして出された酢醤油キャベツです。見た目もザ・キャベツに酢醤油かかってるだけなんですけど、これがおいしいのなんのって!焼き鳥屋さんで焼き鳥を食べる前に食べまくってしまいました…ほんとそれほどおいしいのです…

家でもコレを食べたいと思い、味の再現が上手くできたので、ここに書いて残しておこうと思います。手軽でおいしいので、お酒のおつまみにもおかずにももってこいです!

作り方は、キャベツ適量に合わせ酢大さじ2と醤油大さじ1を合わせたものを掛けるだけ、です!こんな簡単にめちゃくちゃおいしい酢醤油キャベツができるんです。普通のお酢を使うとなると味の調節が難しいので、合わせ酢を使うのをおすすめします。

鍋料理に欠かせない要素とは

最近はもう寒い日が続いてますね。私が住んでいる地方では年末大寒波が直撃するので、今週は雪の予報ばかりで今からどうなるのかと不安でいっぱいです…皆様も冬の運転は十分に気をつけてください。

今日はそんな真冬になると食べたくなる鍋料理について考えたいと思います。鍋料理に欠かせないものってなんでしょうか?人それぞれ思っていることは違うかなぁとは思いますが、私が真っ先に思いついたのは「白菜」です。白菜と豚肉のミルフィーユ鍋など見た目も可愛く面白いです!通販から鍋料理におすすめの白菜を食べたのがきっかけで白菜が好きになったくらいです。くたくたになった白菜が熱くて甘くておいしいんですよ…

そういえば鍋料理の食材って作る鍋料理の種類によっても気をつけないといけません。鍋料理なのに合う合わないの食材があるの?という感じではありますが、こと、モツ鍋に関してはやはりあります。モツ鍋には白菜が使われていないのをご存知でしょうか?モツ鍋の味を損なってしまう原因になるのです。なぜ損なうのか?それは水分が出てしまうからなんです!モツ鍋は鍋に入っているスープで美味しく食べるため、入れる具材もあまり水分が出るようなものが入ってないのです。なので、モツ鍋を美味しく食べるためにも白菜ではなく、キャベツを用いる方が良いのです。

欠かせないと思っている白菜も時には欠いてもいい存在であるということを頭の片隅においておいてもらえればと思います。

桑の青汁で毎日の健康を

桑の葉の青汁というのをご存知でしょうか?私がいままで出会った中で一番飲みやすくて私の体にぴったりの青汁だったんです。もしかしたら私と同じ悩みの方がおられるのではないかなと思って今日は飲みやすい桑の葉の青汁について書きます。

桑の葉の青汁とは

名前の通り桑の葉を原料とした青汁の通販ですが、驚くべきはその飲みやすさです。青汁というのはどれも青臭い野菜の苦味があるものがほとんどなのですが、桑にはその野菜の苦味というものがなく、スッとお茶のように飲むことができます。カルシウムや鉄などを多く含んでいるので、一部にはなりますが野菜不足を十分に補うことができます。また桑特有のDNJという成分が女性には嬉しいものなのです。

桑のDNJとは

桑に含まれるDNJという成分は余分な糖質をカットしてくれる成分です。血糖値が高くて気になっている人やダイエットをしている人にオススメです。また、整腸作用もあることから便通がよくなったりと女性にとっては非常に嬉しい効果です。

他の青汁と違う特徴のある桑の葉の青汁ですが、糖質が気になる方にはオススメですので、是非試してみてください。

 

栄養バランスを考えた食事

食事というのは私たちの活動エネルギーを生み出すものです。つまるところ元気の源と言われているものになります。食事をおろそかにするとこの活動エネルギーを生成する手段がなくなり、元気がなくなります。私たちの1日は食事によって決まります。毎日質のいい食事を心がけ毎日の健康を手に入れましょう。

質のいい食事というのは栄養バランスの良い食事です。栄養バランスというのは炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラル、脂肪の五大栄養素をバランスよく体に取り入れることです。これらを過不足なく取り込むことが一番良いとされていますが、私たちは管理栄養士や栄養士の資格を持った人ばかりではありませんし、人間には欲があります。食事にも好き嫌いがあり、好きなものは多く食べたいという気持ちを持っているかもしれません。間食のおやつをたくさん食べてしまうかもしれません。そうしてわたし達のもつ欲によって栄養バランスというのは少しずつ崩れていきます。

そんな時はからだをリセットしたりするのが有効です。リセットするというのは体の中にある老廃物をすべて出し切ることです。断食というのがその手段の一つとなります。またデトックス効果のあるものを取り入れるのも有用です。

ピクルスで毎日の健康を

食事は健康を左右する

食事と健康は密接な関係です。食事は私たちの活動エネルギーとなり、毎日必要不可欠なものです。この活動エネルギーがなければ十分に力を発揮することができません。食事を抜いたダイエットや偏った食事をしたりする人がいますが、心は満たされますが、それが積み重なると朽ちていきます。食事は私たちの健康を積み重ねで構築していき、偏ると病気をもたらしてしまいます。

食事によって引き起こされる病気が生活習慣病です。偏った食事により栄養の過不足が起こり、さまざまな病気を引き起こしてしまいます。食事のバランスを気にかけるというのは一番大切なところです。

野菜をしっかり取ることが大切

野菜不足を懸念している人は野菜を摂ることを心がけましょう。健康に良いとされる野菜は私たちには必要不可欠なビタミンを多く補ってくれます。保存も利き、普段の野菜がより一層食べやすくなる通販の合わせ酢のピクルスは野菜不足を感じている人にオススメです。ピクルスは合わせ酢に漬けて簡単に作ることができ、手軽に野菜を食べることができます。お酢は健康調味料といわれるほど私たちに良い効果をもたらしてくれます。毎日の食事で手軽に体に良いものを取り入れることが可能なので継続してお酢を摂っていきたいですね。

お酢でトマトのさっぱりサラダ!

トマトというと、リコピンがたっぷり含まれている野菜として毎日でも食べたいですね。そのトマト料理は、やっぱりなんと言ってもサラダに合う通販の合わせ酢を使うことが多いのではないでしょうか。トマトの赤い色も緑の野菜のサラダとして、とても美味しそうです。
そのトマトは、こってりとした食材ともとても合います。特にあうのは、誰でも知っているチーズとのコンビです。このチーズとトマト、緑の野菜を食べやすいようにカットして、その後にお酢ドレッシングで簡単に食べましょう。
本当にさっぱりさせたい時には、塩とお酢だけでも美味しく食べることができます。トマトに旨みがあるので、チーズのこくと一緒になって、それも美味しいです。
またちょっとドレッシングの味を変えたいと思った時には、そこに塩とコショウ、ガーリックパウダーでお酢、サラダ油で作るとますます美味しいドレッシングにすることができます。お酢がさっぱりとしているので、どんどん食べたくなるそんなサラダです。

生姜とお酢の健康でおいしいコンビ

見つけたお酢がなかなかの代物

お酢の健康効果が昨今注目を集めています。1日15ml摂れば健康!などなどいろんなところでその健康効果のすごさを露出していますよね。もともとお酢が好きな人ならそんな話題にも釣れるかもしれませんが、お酢が苦手な人にとっては興味を惹く話題ではないですよね。そのお酢は酸味がまろやかでおいしく用途が広いのが特徴です。調味料サイトで見かけ、ネーミングセンスにふふっとし、物は試しだと思って通販で合わせ酢を購入して使ってみましたが、名前だけじゃないという代物でした。

べんりで酢という合わせ酢

ネーミングセンス…wwwって感じなんですけど、その名前の通りのものでした。とにかく便利なんですよ。使える用途が広すぎる。しかも調味済みだから味付けに困らないし失敗しない。市販で似たようなものがたくさん出回っていますけど、このべんりで酢が一番私の口に合いました。ただ通販でしか取扱ってないんですよね…スーパーに置けば一気に広まるような気がするんですけどね。もったいない。

ここで愚痴っても仕方がない。通販で購入するとレシピ本などの特典がついてくるようで。一通りつかってみてまた感想をお伝えしたいと思います。

お酢が苦手な人のためのお酢

酸っぱいのが苦手

お酢が苦手だという人はお酢のあのツーンとして顎が痺れるような酸味が苦手なのだと思います。かくいう私も苦手でした。顎が痺れて痛いんですよね。あの酸味。歯が溶けるからとかあご痺れて食べにくくなるとかあれこれ理由をつけて避けていたのですがある合わせ酢を知って、お酢料理をぺろっと食べられるようになりました。それが合わせ酢です。

合わせ酢は普通のお酢より食べやすい

合わせ酢はお酢に他の調味料を合わせてつくります。

合わせ酢の代表的なものは寿司酢があります。家でも寿司酢を作るのですが、これがなかなか難しいのです。うまく決まればおいしい寿司飯ができるんですけどね…という悩みをうまく解消するべく市販や通販などでちょうど良い味の合わせ酢が販売されています。なかでもべんりで酢という合わせ酢はおすすめです。

お酢が苦手の人のためのような合わせ酢

このべんりで酢は、甘めにつくられているんですがただ甘いというわけではなくお酢なので酸味もしっかりと感じます。だけど、お酢が苦手な私や友人がこれはおいしいと絶賛しているのです。不思議ですよね。お酢がおいしいんですよ。

名前にシャレをきかせているのですが、その名前の通りの便利さ。玉ねぎやトマトにさらっとかけるだけで、簡単に野菜のとがった酸味や辛味が和らいでまろやかなおいしいサラダになります。お酢なのでノンオイルですし、体にも非常に良いです。またこのお酢とお水を合わせて手羽元を煮るだけで簡単においしい手羽元のお酢煮に。材料合わせて弱火にかけるだけどやわらかい手羽煮になります。味見もせずともおいしいのです。簡単においしいものを作るってほんとうにすごいのです。おいしそうだなぁ食べたいなぁ今日はこれにしようと思った献立が決まっても作るのが面倒だと億劫ですよね。それがなくなるんです。すごくないですか?

このべんりで酢という合わせ酢のおかげでお酢料理が好きになったんです。一家に1本あってもいいと思えるほどです。このお酢は通販サイトでも購入できるようなので、気になった方は一度試してみてはいかがでしょうか?

こだわりの醤油は低塩あまくち醤油

醤油は日本人にとって最も使用頻度が高い調味料といっても過言ではありません。そんな使用頻度が高い醤油だからこそ塩分控え目のモノにすることで健康効果が期待できます。

お勧めしたいこだわりの醤油がアサヒワシ醤油の「低塩あまくち醤油」です。1lで515円と一般的な醤油の相場と比較すると少々お高めになりますが、この醤油は塩見がマイルドなだけではなく通常の醤油よりもあまくちなのが特徴です。だからお年寄りがいる家庭でも小さなお子さんがいる家庭でも安心して使うことが出来ますし、まろやかな甘さが料理を上品な味付けに仕上げてくれます。

使用方法はお刺身に付けても美味しく食べることが出来、他にも肉を焼くのに使ったフライパンにこの醤油を加えて熱するだけで簡単に肉の旨味と醤油が混じり美味しいソースが完成します。さらにひと手間加えるのなら大人向けにはツンとした辛みがある山葵を加えると相性抜群と言うことが出来ます。勿論煮物にも使えて使い勝手がいい1品です。