料理に旨味を与える万能調味料のだし

ここ数年スーパーには様々な調味料が並ぶようになりました。それらは日々の料理に幅を持たせるだけでなく、出来合いのお惣菜にかけたりしても、味にもうひと手間の奥行きを付け足すことができます。毎日の献立作りに役立つ万能調味料のだしです。和食には欠かせない万能調味料のだしはレパートリーが豊富でひとさじ加えるだけでも料理に旨味を与えてくれます。中でも私が最近気に入っているのが、シナモン・クローブ・ナツメグなどからなるガラムマサラです。主にインド料理に使われるミックススパイスですが、それ自体はやや酸味がある爽やかな辛さという表現が合っていると思います。使い方ですが、一番ポピュラーなのはカレーに使うことです。市販のカレールーを使ったカレーにも完成間近にコショウと一緒に少量振ると辛さや味にこくがでます。個人的にお勧めなのは、焼きそばに振ることです。ソースの味にほどよい酸味と辛さが加わりくせになります。またゆでたもやしに塩やコショウとともに振るとそれだけでもおつまみになります。その他、鶏の唐揚げや味噌ラーメン、ポテトサラダなど気になる色々なものに振っても美味しく食べれるので、使う人によって様々な味変を楽しむことができそうです。まだあまり馴染みのない調味料で、実際私以外で普段使っているという人はほとんど見たことがありませんが、コロナ禍で料理をする人が増えた現状を考えると、近い将来需要は高まっていくかもしれません。