ドリンクビネガーで健康に

お寿司や酢の物でなじみ深いお酢は使うバリエーションが限られているかもしれません。体にいいといわれることはありますが、お酢特有のすっぱさが苦手な方もいるのではないでしょうか。合わせ酢にしたり、通販で人気のドリンクビネガーを購入して簡単にお酢を摂るドリンクにするといった手段を増やすことで、バリエーションの少なさをカバーすることができます。またお酢のドリンクもいろんなものがあります。好きなドリンクタイプで楽しめちゃいます。

お酢は、凄く体に良い

疲労回復や食欲を増進させたり、腸内環境を改善する効果があるので、お酢はとっても体にいいんです。
酢に含まれているクエン酸やカルシウム、マグネシウムなどは消化吸収を助けたり、ミネラルを吸収を良くしたりするうれしい効果があります。また、腸のぜん動運動を高めて、疲れにくい体つくりにも効果的です。

健康維持のお酢の取り方

健康維持のためには、一日大匙一杯から二杯くらいの量を目安にして食べることが大事です。毎日ちょこちょこすこしづつ、継続していくことが重要です。
食事と一緒にとったり、食後に少しとるようにするといいですね。

いろんな合わせ酢

土佐酢は三杯酢にかつお節を混ぜてうまみがあるお酢のことを言います。調味料は醤油とさとう、お酢を人に立ちさせてかつお節をこしてつくります。
二杯酢は、酢醤油とも言って砂糖を使わないで作ります。お酢大匙3、醤油大匙2を混ぜてつくります。
基本的な合わせ酢は三杯酢で、お酢大匙3、醤油大匙1、砂糖大匙2で作ります。
南蛮酢はお酢大匙2、砂糖小匙2、醤油大匙2、ごま油大匙1、赤唐辛子半分を混ぜてつくります。揚げた魚や野菜と絡めて南蛮漬けにしたりするととてもおいしくいただけます。
甘酢はスト砂糖を合わせるだけのシンプルな調味料です。お酢大匙3、砂糖大匙2、塩少々をいれたら出来ます。甘酢漬けに使うことが出来ます。大根を薄くスライスしたり、キュウリをスライスして漬け込んでおくだけでも一品になりますよ。
チャーハンや野菜炒めの最期に鍋肌に回すようにして振りかければ、お料理になじんで仕上げになります。加熱調理にも活躍してくれるのが穀物酢です。
トン汁などの煮物には、仕上げに穀物酢を入れるとさっぱり味に仕上がります。角煮や鶏肉の煮込み料理などには、素材から油がたっぷり出る料理にはお酢を加えると骨離れがよくなるのです。

お酢を上手に料理に使って、健康になりましょう!