人気の万能調味料でつくるレシピ

料理に欠かせないお酢

お酢は、日本料理には欠くことができないおいしくて便利な万能調味料であると共に、様々な健康効果が報告されています。お酢以外にも砂糖・醤油・みりんをつかった甘辛醤油味の肉じゃがも日本伝統の味付けです。では、具体的にお酢や甘辛醤油味にはどういった健康効果があるのでしょうか。おいしい甘辛肉じゃがを作るには、特別なたれを買うことです。スーパー以外にも便利な通販でこの甘辛たれを購入することができます。

期待できるお酢の健康効果

肉じゃがはみんな大好きな甘辛醤油味の料理ですが、ここではお酢の健康効果についてお伝えします。

・便秘解消:お酢の中に含まれる酢酸やクエン酸が、腸内環境を整え、腸内の働きをスムーズにします。
・口臭予防:お酢の持つ抗菌作用により、口腔内や消化器官の雑菌の繁殖を抑えます。
・高血圧、冷えの解消:血管を拡張する作用により、血液の流れを良くします。
・疲労回復:お酢に含まれる酢酸やクエン酸が、疲労回復に効果を表します。
・ストレス解消:お酢にはカルシウムの吸収を促す働きを持つため、ストレス解消に繋がります。

などなど、お酢には、実に様々な身体に良い成分が含まれているのです。
ですので、お酢料理を積極的に食すことはお勧めです。
お酢料理なら、酢の物やすし飯などが定番です。

また、甘辛醤油味のよいところは、簡単に味付けがしっかり決まるところ。お子様がいらっしゃるご家庭では定番の味付けになっていると思います。肉じゃがが好きな方って多いですよね。肉じゃががおいしい秘訣はなんといっても甘辛醤油味で日本料理に欠かせない味付けだからだと思います。

料理の基本「さしすせそ」は日本人にとって欠かせない調味料ではありますが、とりすぎると生活習慣病に結びつく部分がたくさんありますので、ほどほどが肝心です。

種類が豊富なお酢

酢の物を作るなら、合わせ酢を作ることが必須です。
合わせ酢なら、それぞれの好みの味の酢の物を作ることが可能です。
合わせ酢は、土佐酢、二杯酢、三杯酢、甘酢、ごま酢、南蛮酢など、様々な味のものがあります。

「土佐酢」は、醤油や砂糖、かつおの削り節を合わせたものです。
ちりめんじゃこやきゅうり、なすの酢の物が適しています。
「二杯酢」は醤油のみを加えたもので、白身魚に合いますし、「三杯酢」は醤油と砂糖を混ぜたもので、酢の物の基本的な調味料となります。
「甘酢」は、砂糖と塩を混ぜ合わせたもので、野菜や魚などを漬けて、甘酢漬けとしても利用できます。
「ごま酢」は、醤油、砂糖にすりごまを合わせて作り、どんな野菜にも合う万能調味料です。
「南蛮酢」は、醤油、砂糖、ごま油、赤とうがらしを混ぜ合わせたもので、南蛮漬けを作るのに利用されます。

「甘辛醤油たれ」は、砂糖、醤油、みりんで調味した万能な甘辛たれです。甘辛醤油たれを使えば肉じゃがが簡単においしくできちゃいます。肉じゃが以外にも煮物、照り焼きどんなものにも使うことができます。

それぞれ、自分の舌に合った味付けを作ってみましょう。

便利なお酢なら、砂糖や塩など、既に味付けがされている、ミツカンの「カンタン酢」やトキワの「べんりで酢」などの、万能酢があります。スーパーにも出回っておりますが、通信販売を用いることで簡単に購入することができます。これらなら、味付け不要で、酢の物やマリネ、肉料理など、様々なお酢料理を簡単に作ることができます。この調味料があれば毎日の料理に楽しみが生まれますよね。

このように、お酢料理は、多種多様な料理に使えますし、健康に一役買うものなので、是非毎日の献立のひとつとして、取り入れてみてはいかがでしょうか。