お酢は隠し味で風味を楽しむ

隠し味にお酢で風味を楽しむ

酸っぱいものが苦手な人にとっては、お酢を使った料理はあまり得意ではないかもしれません。そのような場合はお酢の料理よりも、隠し味としてお酢を使ったほうが良いでしょう。お酢は少量を入れると、料理の味をハッキリと引き立ててくれます。料理の味見をした時に、ぼんやりした味の時は、お酢を少量入れてみるのも良いでしょう。通販で魚介に合う三杯酢をつかって風味と味を楽しむのも良いです。特に魚介用の合わせ酢で酢の物をつくると風味も良く、お酢自体もおいしく手軽に使うことができるので、非常にオススメです。

お酢の量には注意が必要

しかし、お酢は入れすぎると味が強く出てしまうので注意が必要です。お酢は加熱をすることで、独特の酸味が抜けるので、隠し味として使う時は加熱したほうが存在感を消すことができます。料理は味気がないと美味しく感じないものです。味覚は習慣によるものも大きく、味の濃いものばかりを食べていると、どんどん濃い味に舌が慣れていってしまいます。すると、十分に塩分濃度が高い料理でも、味が薄いと感じてしまい、さらにお醤油などをかけてしまうことになってしまいます。お酢を加えたお醤油などを使うことで、塩分濃度を下げることができます。

味の濃さはほとんど変わりませんが、塩分濃度が下がるので、味覚もそれに慣れてきます。味覚が薄味でも十分に塩分を感じるようになれば、薄味でも美味しく感じることができるようになります。また、いつも味のあるものばかりを食べていると、味覚が鈍くなってしまいます。薄味でも美味しく感じる為にも、できるだけ味の薄いものを摂る習慣をつけていくと良いでしょう。

糖分も塩分と同じで、最初は甘すぎると感じていても、次第にそれでは物足りなくなっていってしまいます。味覚では物足りなくても、過剰に糖分を摂取している状態なので、塩分同様、体のためには良いとは言えません。

隠し味としてお酢を使う他にも、美味しいお酢の料理を食べることで、お酢が好きになるかもしれません。お酢が好きになれば自然と健康な体作りができるようになります。健康的な食事は体に良くて、美味しく食べることが基本です。美味しいお酢を使った料理をたくさん食べて、毎日を健やかに過ごしていきたいものです。