中華を作るときの調味料として活用

調味料といえば塩とか交渉とか砂糖といったような一般的なものと様々な東南アジア系で使われているスパイスなどがあるわけですが私としては便利な調味料として使っているのが八角です。八角というのはトウシキミという木の果実を乾燥させたものであり、いかにも中華風というような味わいを出してくれるものになります。煮込む時に入れたりとか蒸し器などに入れることによってその蒸しているものの味を深く豊かにしてくれるというタイプの調味料となります。スターアニスと呼ばれることもありお菓子とか杏仁豆腐などにも使われることがあるタイプの調味料でかなり個人的にはよく見つかっています。これを入れるだけでしっかりとした中華風の味というのがかなり整ってくれるようになりますので言い方は悪いですが楽をして調理したいときに活用しています。 乾燥させているので、それなりに保管する場所に気をつけなければならないというわけでもないので安心できるのですが極端にたくさん使うということもないので一度に大量に購入しないようにはした方が良いでしょう。そんなに高いものではない、というところも気に入っています。どんなよい調味料でも高額では使いにくいからです。